ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さをいろいろな飲み方で飲んでみた^^

前の記事で、牛乳で割って飲むボスラテベースをいろいろな飲み方(割り方)を試しましたが、今回は、そのワンダバージョン「ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ <希釈用>」をいろいろな飲み方(割り方)をしてみました。

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ

毎朝のコーヒーで乳酸菌習慣
朝、自宅で飲むのにふさわしいやさしい飲み口と、コク深い味わいのコーヒーに乳酸菌をプラス。
忙しい毎朝でも手軽に飲める健康習慣コーヒー。

(公式サイトより)

コーヒーを飲むだけで、乳酸菌も摂れてしまうので、朝に目覚めのコーヒーとヨーグルトのところが、コーヒーだけで済んでしまうというわけですね^^ヨーグルト好きには残念なお知らせです(^^;)まあ、乳酸菌はたくさん摂っても問題ないので、ヨーグルトも食べてもかまわないでしょうけどね^^コーヒーを飲むだけで、乳酸菌が摂れて、腸にやさしい飲みものです。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

栄養成分(4倍希釈時200ml当たり当り)

カロリー 30kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0g
炭水化物 6.9g
食塩相当量 0.07g
リン 9.6mg
カリウム 118mg
カフェイン 85mg
糖質 5.3g

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ 栄養成分

原材料

コーヒー
砂糖
乳酸菌粉末/香料
甘味料(アセスルファムK)

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ 原材料

内容量は490mlで、4倍濃縮タイプで約10杯分飲むことができます。
飲み方は、乳酸菌コーヒー1に対して牛乳3で希釈して飲みます。
今回は、牛乳と豆乳と水でそれぞれ希釈して飲み比べました^^

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ 割り方

乳酸菌コーヒーをコップに注ぐと、4倍濃縮なので真っ黒な液体です。

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ 原液

いろいろな飲み方を試してみた^^

冷たい牛乳で割って飲む

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ 牛乳割り

しっかりとした甘みのミルク感たっぷりのカフェオレで、やさしい口あたりです。
コーヒー独特の焙煎の味が、微かにありますが、コクの深みはあまりありません。
酸味や苦味は、ほとんどなく、とても飲みやすいコーヒーです。

牛乳で割ってホットにして飲む

冷たいときと比べると、焙煎の苦味が強くなり、感じられるようになります。
そのぶん甘みはおさえられ、ミルク感が強くなり、マイルドな味になります。

冷たい豆乳で割って飲む

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ 豆乳割り

※豆乳は、調整豆乳を使用しました。

甘みが少しやわらぎ、すっきりとした味わいになります。
カフェオレ味のなかに、豆乳の味も少し感じられます。
後味に豆乳が強く顔を出し、豆乳風カフェオレになります。

豆乳で割ってホットにして飲む

※豆乳は、調整豆乳を使用しました。

冷たいときに比べると、甘みが強くなり、本格的なカフェオレになります。
豆乳の味は、微かにわかりますが、しっかりカフェオレの味になってます。
焙煎の苦味はなく、焙煎のうまみが増し、とてもおいしくなりました。

冷たい水で割って飲む

ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ ブラック

焙煎の香りとうまみが漂う甘いブラックコーヒーです。
あっさりした味のほうが好きな人には合うと思います。

お湯で割って飲む

乳酸菌コーヒーの本来のコーヒーのうまみを味わうことができます。
コーヒーの独特の酸味があり、できたてコーヒーのような感じです。
コーヒー本来の味を楽しみたいときは、お湯割りがおすすめです。

評価(ランキング)

第1位 ホット豆乳割り ★★★★★ 星5つ
第2位 冷たい牛乳割り ★★★★ 星4つ
第3位 ホット牛乳割り ★★★★ 星4つ
第4位 冷たい豆乳割り ★★★ 星3つ
第5位 お湯割り ★★★ 星3つ
第5位 冷水割り ★★★ 星3つ

コーヒーを飲むだけで、乳酸菌も摂れるので、朝食にぴったりな飲みものです。
割り方によって、結構味が変わってくるので、好みがわかれると思います。
自分の味覚に合った割り方を探して、好みのコーヒーの味を発見しましょう。
10杯分も飲めるのでコスパもよく、薄め方によって濃さも調節できます。

あくまでも個人の感想・評価です。
スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。