ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラをいろいろな飲み方で飲んでみた^^

アサヒ飲料の「ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ <希釈用>」をいろいろな飲み方(割り方)をして、飲んでみました。それぞれの飲み方で飲んだ感想をレポートしていきます。

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ

牛乳と相性の良いショコラフレーバーを発売することとしました。
中味は、コク深いエスプレッソをブレンドしたコーヒーにショコラフレーバーを加えた、まろやかな味わいをお楽しみいただけます。牛乳で4倍(本商品:牛乳=1:3)を目安に割るだけで、忙しい毎朝でも手軽に乳酸菌を摂取できるコーヒーです。

(公式サイトより引用)

コーヒーを飲むだけで、乳酸菌も摂れてしまうので、朝に目覚めのコーヒーとヨーグルトのところが、コーヒーだけでも済んでしまいます。ヨーグルトとあわせて摂れば、乳酸菌はたくさん摂取できます^^ コーヒーを飲むだけで、乳酸菌も摂れるので、腸にやさしい飲みものです。

4倍濃縮タイプで約10杯分飲むことができます。飲み方は、乳酸菌コーヒー1に対して牛乳3で希釈して飲みます。今回は、牛乳と豆乳と水でそれぞれ希釈して飲み比べてみました^^

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ 割り方

乳酸菌コーヒーをコップに注ぐと、4倍濃縮なので真っ黒な液体です。

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ 原液

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

いろいろな飲み方を試してみた^^

冷たい牛乳で割って飲む

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ 牛乳割り

ショコラの甘みがコーヒーにコクを持たせて、深みのある焙煎コーヒーの味がしました。ショコラが入っているので、相当に甘いコーヒーを想像していましたが、もちろん甘いのは甘いですが、ブラックチョコのような甘みなので、コーヒーによく合っていて、そこまで甘さが気になりませんでした。酸味や苦味はほとんどなく、とても飲みやすいです。

牛乳で割ってホットにして飲む

冷たいときと比べると、甘みがまろやかになり、マイルドな口当たりになります。ミルク感もしっかり感じられるようになり、コーヒー牛乳をも感じさせる味わいになります。ホットになると、ショコラの風味が薄まって、ショコラ感が弱くなってしまいます。それでも、十分においしいと感じました^^

冷たい豆乳で割って飲む

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ 豆乳割り

※豆乳は、無調整豆乳を使用しました。

牛乳で割ったときと比べると、あっさりすっきりとした味わいになります。コーヒーの中に豆乳の味も感じられ、豆乳風コーヒーになります。ショコラの味が豆乳と合わさると独特な味に変化します。ただ、ショコラの風味が豆乳でかき消されぎみになるので、牛乳のときのようにコーヒーにコクがなく、ショコラらしい甘みが減少します。それでも、おいしくいただけます。

豆乳で割ってホットにして飲む

※豆乳は、無調整豆乳を使用しました。

豆乳の味が強くなり、甘みがおさえられ、あっさり感がさらに増します。逆に言うと、甘みがあまり強くないので、やや味気無さも感じます。ショコラ感がないぶん、コーヒー本来の旨味を味わえます。もちろん、おいしいですが、ショコラ感を期待すると、ややもの足りなさを感じるかもしれません。

冷たい水で割って飲む

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ ブラック

水で割ることによって、雑味がないので、コーヒー本来の焙煎の旨味を味わうことができます。かなりコクのあるコーヒーがおいしく、コーヒーの苦味もありますが、ショコラの甘みがうまく苦味をかき消して、おいしいです。ショコラの味はしますが、甘すぎることはなく、適度な甘さがよい味になっています。

お湯で割って飲む

お湯で割ると、水のときと同様に雑味がないので、コーヒー本来の焙煎の旨味を味わうことができる上に、ホットにするとよりコクが出るので、さらに本格的な味になります。ショコラの甘みも感じますが、冷水のときよりは抑えられ、よりコーヒー感の強い味になります。ショコラの味は薄まりますが、よりコーヒーの旨味が強くなるので、とてもおいしかったです。

評価(ランキング)

第1位 冷たい牛乳割り ★★★★★ 星5つ
第2位 ホット牛乳割り ★★★★☆ 星4つ
第3位 お湯割り ★★★★☆ 星4つ
第4位 冷水割り ★★★★☆ 星4つ
第5位 冷たい豆乳割り ★★★☆☆ 星3つ
第6位 ホット豆乳割り ★★★☆☆ 星3つ

ショコラが入っているので甘いですが、ショコラの甘さはコーヒーに合っていて、めちゃおいしいです。甘いコーヒーが好きな人には、かなりおすすめできますし、かなりいいなと思いました。割り方によって、ショコラ感が強くなったり、コーヒー感が強くなったり、結構味が変わってくるので、どちらの味が好きかによって、好みがわかれると思います。自分の味覚に合った割り方を探して、好みのコーヒーの味を発見しましょう。10杯分も飲めるのでコスパもよく、薄め方によって濃さも調節できるのがうれしいです。今回、豆乳は無調整を使ったので、やや甘みが足りませんでしたが、調製豆乳を使ったら、もう少し甘みが増して、おいしかったかもしれません。

あくまでも個人の感想・評価です。

栄養成分(原液50ml 4倍希釈時200ml当り)

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ 栄養成分

カロリー 29kcal
たんぱく質 0.4g
脂質 0g
炭水化物 6.8g
食塩相当量 0.07g
リン 10mg未満
カリウム 約110mg
カフェイン 約80mg
糖類 5.3g

原材料

内容量は490mlで、甘みづけは、砂糖と人工甘味料の両方が使われています。

ワンダ 乳酸菌コーヒー ショコラ 原材料

コーヒー
砂糖
乳酸菌粉末
香料
甘味料(アセスルファムK)

<CHECK!>

前の記事で、牛乳で割って飲むボスラテベースをいろいろな飲み方(割り方)を試しましたが、今回は、そのワンダバージョン「ワンダ 乳酸菌コーヒー ...
スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。