辻コン2019in下松 男性100人×女性100人に参加した体験談

山口県の下松で開催された辻コンという街コンに参加してきました^^私、コチコチ、街コンに参加するのは人生初めてで、以前から1回は参加してみたいと思っていたので、今回、念願が叶いました!それでは、辻コンに参加した体験談を報告していきたいと思います。

第6回辻コンは2回行われ、20代から30代が参加できる周南での街コンと30代から40代が参加できる下松での街コンがありました。コチコチが参加したのは、下松のほうで、開催日は、2019年3月9日(土)でした。辻コンの申し込みは、ネットで申し込むことができます。支払いは銀行振込で、メールで指定された口座にあらかじめ振り込んでおきます。運営側が振込の確認ができたら、確認メールが送られてきます。

辻コンに参加するため、下松駅に降りたちました。周囲には、辻コンに参加すると思われる男女がちらほら見られました。実は、下松駅には初めて降りたので、ちょっと新鮮な気分になりました。辻コンは、1人では参加できません。2人1組になって参加するイベントです。今回は、婚活仲間の連れを誘って参加することにしました。連れがまだ到着してなかったので、しばらく下松駅で待ちました。

下松駅

連れが到着して、早速、街コンに参加しに向かいました。受付会場は、駅前にある(駅からすぐ見えます)下松市駅南市民交流センター「きらぼし館」です。ビルの入口には、係員の人が立っていますので、すぐわかると思います。会場に行くと大勢の参加者でごったがえしていました。

きらぼし館

受付を済ませると、パンフレットと名札とプロフィールカードが渡されます。今回の辻コンでまわるお店はこんな感じでした。

辻コンマップ

最初のお店をくじ引きをして決めます。くじには、店舗名と席の番号が書かれています。これを持って、1店舗目に向かいます。コチコチが最初に引いたくじには、河乃屋と書かれていました。1店舗目に向かう前に、受付のロビーで、名札とプロフィールカードをしっかり書いておきました。辻コンでは、写真撮影は禁止されていたので、文章のみで雰囲気をお伝えしていきますね^^

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

1軒目:河乃屋

最初の街コン会場は、『創作もつ料理 河乃屋』です。会場まで歩いていくと、入口に係員の人が立っていました。引いたくじを見せると、座席を案内してもらえました。すでに女性は、席についていたので、挨拶をして会話を開始しました。

1軒目で出てくる料理は前菜です。河乃屋では、前菜として、ふかした大根に味噌のタレがついた料理と生春巻サラダが出ました。大根は丸々輪切りだったので、少し食べにくさはありましたが、とてもオシャレな料理でおいしかったです。飲み物は、飲み放題メニューから選べて、種類もたくさんありました。車で来た場合でも、ノンアルコールのビールやカクテルがあるのはありがたいです。コチコチは、1杯目は生ビールをたのんで、2杯目はコーラをたのみました。店で飲むビールって本当においしいんですよね!ただ、目的は女性とお話することなので、酔いすぎて眠くならないように、アルコールはほどほどにしておきました。

連絡先の交換は、テーブルに小さな折り紙とペンがあるので、こちらで交換するように言われました。LINEの交換もOKということなので、連絡先の交換は、自由度の高いイベントです。20分おきにシャッフルタイムというのがあって、男性が座席を移動して、違う女性とお話ができます。1店舗で2回シャッフルタイムがあるので、3組の女性とお話をすることになります。シャッフルする5分前に係員の人が知らせてくれるので、このタイミングで連絡先を交換するのがよいですね^^会話に困ったら、プロフィールカードを見せ合って、会話のきっかけを作るといいです。

1軒目の街コンを終えたら、2軒目を決めるくじ引きをしました。2軒目はこうもりと書かれていました。連れと一緒に2軒目に移動しました。

2軒目:こうもり

2番目の街コン会場は、『割烹 こうもり』です。こちらも会場に行くと、入口に係員の人が立ってくれています。引いたくじを見せると、座席まで案内してくれました。2軒目も流れは、1軒目と同様で、2回シャッフルタイムがあり、3組の女性とお話します。

2軒目で出てくる料理がメインディッシュになります。こうもりで出てきた料理は、天ぷらとお肉とサラダ(小鉢)でした。ただ、これには正直、白ご飯がほしかったです。天ぷらやお肉のみでは、メインとしては少々もの足りなかったです。女性には、ちょうどよい量かもしれませんが、男性には足らないかもしれません。しかし、シャッフルタイムがあるので、男性が移動するときに料理がたくさんあると、移動しづらいのも難点です。その点を考慮すると、持ち運びやすいように少量にせざるをえないのかなとも思いました。分量が足りないときは、イベント終了後にどっかに食べに行ったほうがいいかもしれません。

私、コチコチは1組目のときに、さっさと食べてしまって、移動の荷物を減らしておきました^^こうもりでは、ドリンクのメニューがないので、適当に注文する形式をとっていました。コチコチは、ウーロン茶(瓶)を2本たのみました。

2軒目も終えたら、3軒目を決めるくじを引きますが、すでに最後の1個だったので、それをもらいました。3軒目は、BLACK CARPET CLUBと書かれていました。すでに外はすっかり暗くなり、夜となっていました。移動する際にパンフレットの地図を見ようとしても、暗くて見えづらかったです。

3軒目:BLACK CARPET CLUB

3軒目の街コン会場は、『BLACK CARPET CLUB』です。入口に係員の人がいたので、座席まで案内してもらいました。店の雰囲気はお洒落な感じで、バーのような内装になっていました。こちらも、流れは1軒目と2軒目と同じです。

3軒目で出てくる料理はデザートです。BLACK CARPET CLUBで出てきたデザートは、フランスパンとナッツとミニケーキでした。このお店のデザートは、コチコチ的には当たりでした^^ ドリンクは、コチコチの好物のレッドアイがあったので、2杯いただきました。

BLACK CARPET CLUBでは、話で夢中だったからなのか?それとも、係員の人が忘れているのか?シャッフルタイム5分前の号令が全く聞こえなかったので、連絡先を交換するタイミングを逸してしまい、聞けず終わってしまうということが発生してしまいました。ちょっと残念でしたが、そういうこともあるのでしょうがないです。

で、3軒目も無事終わり、合計3軒、全9組との会話も終わって、楽しいひとときを過ごすことができました^^

反省点

今回、連絡先を教えるのに、LINEではなくテーブルに用意されていた折り紙に連絡先を書いて渡していました。連絡先を交換したのは1組、LINEを交換したのは1組、あとはこちらの連絡先のみを教えるというかたちになりました。連絡先のみを教えた女性からは、全く連絡はありません。なので、たくさんの女性と連絡を取り合うためには、LINEを交換するほうがおすすめですね。

連絡がこないことは、こういうイベントではよくあることなので、気にはしていません。私、コチコチの魅力のなさは、今に始まった話ではありませんからね^^;それにコチコチに興味がないのに、連絡もらってもあとで面倒になるだけなので、連絡をとらないという意志表示は、女性のやさしさでもあると思っています。連絡先を交換した女性には、お礼の連絡をしたら返信をいただきました。ありがとうございます^^

今回は、コチコチの方針としては、連れが地元なので連れのサポート役に徹するという姿勢でのぞみました。ただ、途中からマシンガントークをし始めてしまい、女性を置き去りした感があったときは、少し冷や汗ものでした。ただ、女性によっては、そのマシンガントークをおもしろがる女性もいたりして、盛り上がったりもするので、結局、それぞれ相性というものがあって、うまく需要と供給が成り立っているんだなと勉強になりました。

【PR】返金保証・安心のサポート体制の街コンは街コンジャパン

総評

辻コンIN下松は、30代から40代が対象ですが、ほぼ30代の女性ばかりで、40代の女性は9組中1人だけでした。男性はわかりませんが、30代を中心とした街コンイベントでした。だからといって40代も参加OKなので、気にせず参加しちゃいましょう^^(コチコチは40代です)

今回、辻コンに参加してみて、コチコチ的には本当によいイベントだなと感じました。くじ引きでお店や相手を決めるのも、迷わなくていいし、いろいろなタイプの女性と話せるので、大賛成です。また、女性のマナーがとてもよく、たとえ興味がなかったとしても、連絡先の交換や受取を拒む人もいませんでした。

よくあるのが、婚活パーティーで、最後にマッチングをして、マッチングに成功した相手としか連絡先が交換できないみたいな・・・。辻コンでは、そういうのは一切ありませんでした。連絡先の交換は自由度が高かったので、この点はとても良いポイントだと思います。

くじで引いた3軒のお店も女性から言わせると、どこも当たりだったみたいで、とても恵まれたコースだったようです。コチコチ的にも料理の内容に満足していて、くじ運よかったなと感じています。

あと、3軒で9組と会話し、4時間余りの長丁場のイベントなので、かなり体力が必要です。正直、コチコチは栄養ドリンクを飲んでくればよかったと本気で思いました。だからといって、疲れた顔して話をするのも失礼なので、がんばりました^^ それでも、会話はすごく楽しかったので、時間はあっという間に過ぎていきました。

さいごに、辻コンで、ご縁をいただいた9組の女性に、楽しい時間を過ごさせていただいたことに心より感謝しています。さらに、このイベントを通じて、たくさんの幸せなカップルが誕生することを祈っています。また、辻コンを企画・運営いただいたスタッフの方々にお礼申し上げます。ありがとうございました^^

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。