ボス カフェベース 焦がしキャラメルをレビュー!色々な飲み方で比較

牛乳などと割るだけで本格的なカフェラテが味わえるカフェベースの中で、今回は焦がしキャラメルを試してみました^^ いろいろな飲み方を試したので、レポートしていきます。

ボス カフェベース 焦がしキャラメル

牛乳で割るだけで、お店のような贅沢な味わいのカフェラテが手軽につくれる濃縮タイプのコーヒーです。
「ボス ラテベース」ならではの、牛乳をたっぷり入れてもコーヒーのコクや香りが楽しめる設計をベースに、ほろ苦い、焦がしキャラメルの風味を加えました。

(公式サイトより引用)
スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

いろいろな飲み方を試してみました!

冷たい牛乳と混ぜて飲む

カフェベース1に対して牛乳は4の割合で混ぜます。原液をコップに入れると、5倍濃縮なので真っ黒です。

ボス カフェベース 焦がしキャラメル 原液

原液に牛乳を注ぐといい感じのカフェラテ色に変わりました^^

ボス カフェベース 焦がしキャラメル 牛乳割り

実際に飲んでみました^^

以前飲んだ「甘さ控えめ」と比べると、焦がしキャラメルで甘くなっています。かなり本格的な味で、甘みが強めのおいしいカフェラテになりました^^ 焦がしキャラメル味がコーヒーによくマッチしていて、個人的にはかなり好きな味です。

牛乳と混ぜてホットにして飲む

次は、ホットを試してみます。カフェベース1に対して牛乳は4の割合で混ぜます。それを、電子レンジであたためてホットにしました。

実際に飲んでみました^^

冷たいときより甘みが抑えられ、コクがでて、深みが増します。冷たいときよりも、あっさりして、ミルク感が強くなりました。甘みが強くないほうがいい人は、ホットのほうがおすすめです。

冷たい豆乳と混ぜて飲む

スタンダードな牛乳の次は、豆乳を混ぜて飲んでみました^^ カフェベース1に対して豆乳は4の割合で混ぜます。

ボス カフェベース 焦がしキャラメル 豆乳割り

豆乳は調整豆乳を使用しました。

実際に飲んでみました^^

冷たい牛乳で割ったときと、同様に甘みがあって、とてもおいしいです。焦がしキャラメルが甘いためか、あまり味の変化はありません。もともと甘いものが好きな人に、向いているカフェラテです。なにより、とても豆乳との相性が良く、コクがあって深みのある味はやみつきになりますね。

豆乳と混ぜてホットにして飲む

こちらも、カフェベース1に対して豆乳は4の割合で混ぜます。そして、電子レンジであたためてホットにしました。

豆乳は調整豆乳を使用しました。

実際に飲んでみました^^

焦がしキャラメルと豆乳の甘みが相乗して、かなり甘みが強くなりました。けっこう甘いので、甘みが強いのが苦手な人はほかの飲み方のほうがいいです。甘みを抑えたいなら無調整豆乳を選択したほうがいいですね。甘みの中にも、焙煎豆のコクのある味が効いていて、おいしいです。

冷水で薄めてブラックで飲む

最後に、純粋に水で薄めてカフェベースそのものの味を堪能しました。ラテベース1に対して水は4の割合で混ぜます。

ボス カフェベース 焦がしキャラメル ブラック

実際に飲んでみました^^

ブラックで飲むと、甘さが抑えられてちょうどよい甘みになります。本格的な焙煎コーヒーの味もするので、コクがあり深みがあります。甘みの中に少しコーヒーの苦味も感じられます。牛乳や豆乳に比べると、味が薄く、薄いコーヒー好きには合います。

水で薄めてホットにしてブラックで飲む

こちらも、カフェベース1に対して水は4の割合で混ぜます。そして、電子レンジであたためてホットにしました。

実際に飲んでみました^^

アイスのときよりも、よりコーヒー豆の味が引き立つ味になります。コーヒー豆の苦味が酸味となり、コーヒー感が強くなります。焦がしキャラメルの味がやや感じられなくなり、甘みがおさえられます。あまり甘くない本来のブラックコーヒーに近い味わいになります。

評価(ランキング)

第1位 冷たい牛乳割り ★★★★★ 星5つ
第1位 冷たい豆乳割り ★★★★★ 星5つ
第3位 冷水割り ★★★★ 星4つ
第4位 ホット牛乳割り ★★★★ 星4つ
第4位 ホット豆乳割り ★★★★ 星4つ
第6位 お湯割り ★★★ 星3つ

焦がしキャラメルは、甘みが強いぶん、しっかり甘みを感じられる冷たいほうがおいしく感じました。もちろん、ホットもおいしいですが、豆乳以外はやや甘みが抑えられ大人の味になります。本格コーヒーを味わいたいならホットを選択するといいですね。焦がしキャラメルの場合、牛乳でも豆乳でもあまり差がないのも特徴でした。

あくまでも個人の感想・評価です。

【あわせて読みたい】

牛乳などで薄めて飲めるコーヒー サントリーの「ボスカフェベース」。今回、ボスカフェベースの中でスタンダードな甘さ控えめを買ってみました。いろ...
 

カロリーやカフェインは?

カロリーは、100mlあたり54キロカロリーで、糖類は、100mlあたり10.0グラム、カフェインは、100mlあたり約180mgになります。

<栄養成分(100mlあたり)>

ボス カフェベース 焦がしキャラメル 栄養成分

エネルギー 54kcal
たんぱく質 0g ~ 2.0g
脂質 0g
炭水化物 12.4g
食塩相当量 0.14g
糖類 10.0g
カフェイン 約180mg
カリウム 約290mg
リン 約20mg

内容量は340mlで、コーヒー豆は主にブラジル産とインドネシア産が使われています。甘みづけは、砂糖のほかに人工甘味料も使われています。

<原材料>

ボス カフェベース 焦がしキャラメル 原材料

コーヒー
砂糖
香料
甘味料(アセスルファムK)

ボス カフェベース 焦がしキャラメル 説明

お店の本格的なカフェラテが味わえて、牛乳などと割るだけ約10杯分も飲めて、コスパもかなりいいのが特徴です。5倍の濃縮なので、5倍に薄めて飲むのが推奨の飲み方です。割り方によっては、好みの濃さで飲めるので、味を調節できるのも魅力の1つです。飲むときは、よく振ってから中身の成分を均一にしてから、注いだほうがよりおいしくいただけますよ。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。