インフルエンザを除菌する空気清浄機は?空気(空間)を除菌する

インフルエンザを除菌する空気清浄機は?空気(空間)を除菌する

秋から冬にかけてインフルエンザが毎年のように流行しています。予防をしてインフルエンザにかからないように対策をしておきたいですね。インフルエンザ対策には、いろいろな方法がありますが、室内の空気をキレイにして、インフルエンザウイルスを空気中から除菌するために、空気清浄機を使っている人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

空気清浄機はインフルエンザウイルスを除菌できるのか?

しかし、果たして空気清浄機はインフルエンザウイルスを除菌できるのでしょうか?結論から言うと、空気清浄機はウイルスを除菌する効果はありません。あくまでも、空気をキレイにする装置で、ウイルスを除菌はしてくれません。

空気清浄機の役割は、

  • 集塵用フィルターでほこりや微粒子(PM2.5など)を集塵する
  • 脱臭用フィルターでタバコやペットなどのにおいを脱臭する
  • カビや花粉などを集塵して抑制する

です。なので、インフルエンザウイルスは除菌できません。カビなどの菌やウイルスを取り除くと謳っている空気清浄機もありますが、主にニオイに関する菌やウイルスを対象にしており、インフルエンザウイルスを除去するものではないのです。

プラズマクラスターはインフルエンザウイルスを除菌するのか?

シャープの空気清浄機にはプラズマクラスター機能を搭載しています。プラズマクラスターとは、イオン濃度を高めることにより、空気浄化力の向上させたり、そのほかの効果をもたらしてくれます。このプラズマクラスターには、浮遊ウイルスや付着ウイルスの作用を抑える効果があります。

シャープでは、さまざまなインフルエンザウイルスに対する実証実験が行われています。

例えば、H1N1型インフルエンザウイルス浮遊について、高濃度プラズマクラスター(イオン濃度:25,000個/立方センチメートル)が25立方メートル(約6畳)の空間で、経過時間が約66分でウイルスの感染力を99%抑制することを実証しました。(実証機関:ベトナム ホーチミン市パスツール研究所)

また、ガーゼ布に付着したH1N1型インフルエンザウイルスについて、プラズマクラスター発生装置を用いて、イオン濃度約25,000個/立方センチメートル発生させて、25立方メートル(約6畳)の空間で、約11時間後、ウイルスの感染力が99%以上抑制される結果が得られました。(実証機関:(株)食環境衛生研究所)

H1N1型インフルエンザウイルス 実証実験 ニュースリリース

このほか、H5N1型トリインフルエンザウイルスやH7N9型トリインフルエンザウイルスなどのインフルエンザウイルスで実証実験が行われ、良好な結果が得られています。

プラズマクラスター実証結果一覧

プラズマクラスターによって、インフルエンザウイルスの感染力が抑制されている実験結果が得られていることから、インフルエンザウイルスに有効に働くと考えられます。浮遊するインフルエンザウイルスだけでなく、付着したインフルエンザウイルスにも有効であるという結果も得られています。

プラズマクラスターを継続して放出しなければならないので、シャープの空気清浄機を長時間稼動させる必要はありますが、インフルエンザウイルスの除菌に有効に働いてくれるでしょう。このことから、シャープのプラズマクラスター機能付き空気清浄機は、インフルエンザウイルスの除菌に有効と言っていいでしょう。

⇒ シャープ 空気清浄機 ランキング[楽天]

加湿機能でインフルエンザウイルスを不活性化

空気清浄機には、加湿機能が付いているものがたくさんあります。インフルエンザウイルスを不活性化させる最適な環境は、室温20℃~25℃、湿度50%~70%に保つことだと言われています。

室温を上げるのは、暖房器具に任せるとして、湿度を上げるには、加湿機能が有効です。加湿機能付き空気清浄機であれば、加湿をすることによってインフルエンザウイルスの増殖力や感染力を抑えることができます。

【あわせて読みたい】

秋から春にかけてインフルエンザが毎年のように猛威を奮います。できることなら、インフルエンザには感染したくありませんよね。家族の中にインフルエ...
 

まとめ

空気清浄機では、基本的にはインフルエンザウイルスは除菌や除去はできません。そんな空気清浄機の中でもシャープのプラズマクラスターならば、実験結果からインフルエンザウイルスにも一定の効果を示したというデータがあるので、インフルエンザウイルスの除菌という観点で空気清浄機を選ぶなら、プラズマクラスター一択になります。

インフルエンザウイルスは、湿度が上がると不活性化するので、加湿機能が付いた空気清浄機は、インフルエンザに一定の効果があります。空気清浄機能は空気をきれいにすることのみに使い、加湿によってインフルエンザウイルスの活動を抑えるというのも1つの方法です。

次亜塩素酸水を使った空気清浄機の類似品が登場しており、確かに次亜塩素酸はインフルエンザウイルスに効果がありますが、人体への影響を考えると安易に勧めるわけにもいきません。確かに人体の健康に影響がないという実験データで安全性を確保はしていますが、長時間次亜塩素酸水を放出し続け、呼吸で吸い続けたときに、絶対安全と言えるのか?という懸念があるため、ここでは取り上げていません。

インフルエンザウイルス対策として、空気清浄機はあまり適していませんが、おすすめするならばシャープの加湿機能付きプラズマクラスター空気清浄機を導入するのが最も効果的と言えるでしょう。

created by Rinker
¥52,910 (2021/10/21 07:57:08時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。