暑さ対策に窓に貼るプチプチの効果を解説!夏に断熱できるのか?

シェアする

暑さ対策に窓に貼るプチプチの効果を解説!夏に断熱できるのか?

夏の暑さ対策で、プチプチ(気泡緩衝材)を窓に貼るのは有効です。しかし、プチプチ単体で効果があるのではなく、あくまでも冷房との併用することが前提ということになります。なぜなら、プチプチはエアコンのような冷房のパワーを高める効果があるからです。

ただ窓にプチプチを貼ればよいわけではなく、正しく使わなければ効果がありません。この記事を読むことで、プチプチの正しい使い方がわかるようになっています。また、市販の窓用のプチプチもあるので、記事の中で紹介しています。

この記事を読んで役に立つ人は

  • 夏の猛暑を涼しく過ごしたい人
  • エアコンの電気代を節約したい人
  • 家にプチプチが余っていて有効活用したい人
  • 窓にプチプチを貼る効果を知りたい人
  • プチプチの窓への貼り方を知りたい人

です。

夏になるといつも蒸し風呂のように家が暑くなるため毎年のように暑さ対策を行っている私コチコチが解説します。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

夏の暑さ対策に使えるプチプチの効果とは

気泡緩衝材

プチプチには断熱の効果があるので、外の暑い外気を遮断してくれて室内の冷えた空気の温度を維持してくれます。つまり、前提として室温を冷やす必要があり、エアコンのような冷房と併用することが前提になります。

夏の暑さ対策でのプチプチの使い方は、窓の内側に貼りつけることで、外からの熱をさえぎり、室内の冷気を閉じ込めてくれるのでエアコンのような冷房の効率がアップします。夏の暑さ対策に使えるプチプチの効果とは、エアコンなどの冷房の効果を向上させてくれることです。

逆に言えば、冷房を使わずにプチプチを貼ったところで、ほとんど夏の暑さ対策にはなりません。冷房を使わずに窓を開けて涼をとるのなら、すだれやよしずなどの風通しがよくて日光をさえぎるものを外につけておいたほうが効果があります。

プチプチを貼ることで冷房の冷やすパワーをアップさせることができるので、節電にもなり経済的でもあります。ただし、プチプチは丈夫なつくりではないので、しだいに劣化していき、カビなどが発生することもありますので、一定期間ごとに張り替えたほうがいいでしょう。

プチプチを使用したときと使用しなかったときでは、プチプチを使用したときのほうが、室温の冷えかたが約1℃程度より冷えて冷房効果が高くなるというデータがあります。

プチプチの窓への貼り方

プチプチの窓への貼り方

それでは、実際に窓へのプチプチの貼り方を解説していきます。

1.まず事前準備としてテープで貼り付けやすいように窓を清掃して汚れを取り除き、水気を切っておきます。

2.プチプチシートを窓の大きさに合わせて切ります。窓の大きさより少し大きめに切るのがポイントです。特に上下の幅を長めにしておきます。

セロハンテープなどでプチプチシートの上部を窓に貼って固定し、切るべき幅を確認します。油性ペンなどで切る箇所に印をつけておくと切りやすくなります。

3.プチプチシートを窓の内側(室内側)になるべくぴったりとなるように貼ります。

プチプチを窓に貼る場合は、裏表を確認する必要があります。窓側にプチプチの突起のある方を貼ると、プチプチの断熱効果が高まります。プチプチの突起を窓側にすることで窓との間に空気の層が多くなるからです。

プチプチを貼るテープは、通常は両面テープを使用します。しかし、普通の両面テープだとプチプチをはがすときにテープ跡が残りやすくなります。そこでひと手間かけて、メンディングテープを使います。メンディングテープは、湿気や紫外線に強く劣化しにくく、長期間貼っても、はがした時に跡が残りにくいのが特徴です。

プチプチを窓に固定する箇所にメンディングテープを貼っておき、その上から通常の両面テープを貼って、プチプチを貼り付けておくと後からプチプチをはがしやすくなります。

または、はがしやすい特殊なテープが、ホームセンターに販売されているので、特殊なテープを使うのも1つです。


プチプチを貼ったら窓の開け閉めは大丈夫か?

プチプチを貼ったときに気になるのが、窓の開け閉めができるかです。窓に貼ったプチプチが厚くて、窓を覆ってしまうようにプチプチを貼ると、窓を開けたり閉めたりするときに、引っかかってしまう恐れがあります。

プチプチが窓に引っかかると、窓は開けることができませんので、窓の開け閉めをできるようにしたい場合は、若干効果が落ちてしまいますが、次の手順でプチプチを貼ってみてください。

1.窓を開け閉めした時に、窓が重ならない側の窓には、窓枠全体にプチプチを貼ります。

2.窓を開け閉めした時に、窓が重なる側には、窓のガラス部分にのみプチプチ貼るようにします。

または、クリップつきのカーテンフックにプチプチをかけて、カーテンとして使うという方法もあります。

プチプチは1年中貼ったままでもよいか?

プチプチをわざわざ貼りかえるのは面倒なので、1年を通して貼ったままにしておけないものでしょうか?実は、プチプチは断熱効果があるので、夏だけでなく冬にも室内を保温してくれるため、年間を通して使うことができます。

冬には、冷たい外気を遮断する効果があり、夏はエアコンのような冷房の効果を高めてくれる効果があります。このため、年間を通して貼りっぱなしでも問題はありませんが、プチプチには耐久性に欠けるという欠点があります。

例えば、プチプチと窓の間にカビが生えてしまったり、プチプチが劣化してボロボロになってしまったりと、一定期間使ったら貼りかえを行う必要があります。また、窓に貼りついてしまい、窓にプチプチの跡が残ってしまったりと定期的なメンテナンスが必要です。

プチプチが劣化してくると、その断熱効果も落ちてしまいますし、汚れてくると衛生面で好ましくありませんので、定期的に確認を行い、必要なときはカビや汚れをシール剥がしや洗剤で取り除いてから貼りかえましょう。

窓用に適したアルミプチプチとは?

アルミ蒸着フィルム加工のプチプチシートです。プチプチの冷房効果をアップさせる効果にプラスして、アルミ蒸着フィルムで直射日光を反射し遮断することにより、室内の温度上昇を抑えてくれます。プチプチ単体のときより暑さ対策の効果が高くなります。



アルミプチプチ断熱・遮光・保温シート 2枚入り (代引き不可)【送料無料】

夏の暑さ対策だけでなく、冬の寒さ対策にもプチプチによる保温性や断熱性を利用して、暖房効率アップさせたり、窓ガラスの結露防止対策にも使えます。ただし、結露防止効果はやや低めのようです。普通のプチプチだと両面テープを使って貼らなければなりませんが、このアルムプチプチは、吸盤が付いているので、付けたりはずしたりが簡単にできます。

ただ、この吸盤は少し吸着力が弱いので、すりガラスなどガラスによってはくっつきが悪く、両面テープを使用する必要がある場合があります。あと、はさみでカットして使用することもできるので、窓の大きさに合わせてサイズを変えることも可能です。

まとめ

窓にプチプチを貼ることで暑さ対策になるのか?を紐解いてみました。結論としては、窓にプチプチを貼っただけでは効果はなく、エアコンなどの冷房と併用することで、冷房のパワーをアップさせることがわかりました。

プチプチは夏には暑さ対策、冬には寒さ対策と夏冬兼用で使えるので、年間を通して効果がありますが、プチプチはしばらくすると劣化するので、定期的な交換が必要になります。また、テープで貼りつける際ははがしやすいテープを使うと取り換えがしやすいです。

使用するプチプチは、窓に1枚使うのが理想的ではありますが、ない場合は、プチプチシートを貼り合わせて1つにしてもかまいません。梱包などに使われたプチプチを有効活用しましょう。プチプチがないという場合は購入することもできます。

プチプチを窓に貼って冷房の効果をアップさせることで暑さ対策を行い、合わせて節電をして経済的にもエコに夏を乗りきりましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

シェアする

フォローする

テキストのコピーはできません。