ジョージア ジャパン クラフトマン ラテの口コミやカフェインは?

コカコーラのジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテを買ってみました。早速、レビューしていきます。

ジョージアジャパンクラフトマンカフェラテ

40年以上にわたり、豆、焙煎、抽出などあらゆる面で積み重ねてきたコーヒーに関する知見と技術を駆使し、日本人の味覚に合わせて発展してきた水出し抽出コーヒーの特性を活かした絶妙なバランスでブレンドしました。
さわやかで香り豊かなコーヒー感と透明感のあるコク、やさしい口当たりを実現しました。

(公式サイトより引用)

「ジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテ」は、雑味のないコーヒーになめらかな口当たりの国産牛乳を加えてすっきりと飲みやすく、ほのかな甘味が楽しめます。

(公式サイトより引用)

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

みんなの声(口コミ・評判)

美味しいという口コミ・評判

水出しコーヒー飲料で1番美味しい
コーヒーのコクがある
ミルク感がしっかりある
さっぱりしている
スッキリしている
やさしい味わい
甘さがちょうどよい
甘さが残らなくて美味しい
苦味がなくて飲みやすい
後味がくどくない
くせがない

まずいという口コミ・評判

コーヒー感もミルク感もいまいち
コーヒーの味がうすい
砂糖が多すぎで甘すぎる
後味が残る
お腹がゆるくなる

ツイッター上の口コミ・評判

実際に飲んでみた感想(レビュー)

ふたを開けると微かに焙煎した深みのある香りが漂います。焙煎したコーヒー豆のコクが強い本格的な味です。味は、類似品のサントリーのクラフトボスよりは濃いめで、しっかりした味わいです。味は強めにしてありますが、水出し抽出なので、後味がすっきりさっぱりしていて、後にひかないおいしさがあります。甘みはやや抑えられていながらも、カフェラテの乳成分が、甘みを引き立てていて、しっかり甘みを感じることができます。

評価

★★★★★ 星5つ

めっちゃうまい リピート購入したい^^

かなり本格的な味わいで、味もしっかりしているので超おいしいです。サントリーのクラフトボスの類似品ですが、クラフトマンのほうが味が濃いです。私には、味が濃くて、甘みも強いので、こちらのほうが好みです。薄い味のクラフトボス派と濃い味のクラフトマン派に好みがわかれると思われます。

あくまでも個人の感想・評価です。

カフェインは?

ジョージア ジャパン クラフトマン カフェラテに、カフェインが含まれいるかは、栄養成分には記載がないので正確なところはわかりません。しかし、公式サイトでは一般的なコーヒーのように、カフェインは含まれており、文科省のデータが案内されています。案内されている数値は、10gの中挽きレギュラーコーヒーをドリップ式で150mlの熱湯で浸出させた場合のカフェイン量は、100ml中に約60mgになります。コカ・コーラでカフェイン量の正確な数値を提示できないのは、収穫時期によってカフェイン量が変化するためで、そのときどきによって数値が変動してしまうためです。

結論としては、カフェイン自体は含まれていて、一般的なコーヒーのカフェイン含有量を目安として、同程度のカフェインが含まれているととらえることができます。

栄養成分と原材料

ジョージアジャパンクラフトマンカフェラテ原材料成分表示

原材料

内容量500mlのペットボトルです。甘みづけは、人工甘味料を使っておらず、砂糖本来の自然な甘みになっています。

牛乳
砂糖
コーヒー
食塩
香料
乳化剤
カゼインNa
安定剤(カラギナン)

栄養成分(100mlあたり)

カロリーは100mlあたり29キロカロリーで、1本あたり145キロカロリーです。糖質は炭水化物に含まれ、炭水化物は5.3グラムとなっています。炭水化物の大部分を糖質が占めるので、糖分の量は、缶コーヒーと比較すると、微糖程度の砂糖の量になっています。

たんぱく質 0.6g
脂質 0.6g
炭水化物 5.3g
食塩相当量 0.1g

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。