シール剥がし剤 ガラス用 キレイにはがすおすすめ品6選!

窓などのガラスに貼ったシールやガムテープをはがすのに、手ではがすのには限界があります。そんなときに、シール剥がし剤を使うと簡単にシールを剥がせて便利です。今回は、ガラス用のシール剥がし剤のおすすめ品を紹介していきます。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

ガラスに適したシール剥がし剤とは?

ガラスは、硬く変形しにくい素材なので、有機溶剤を用いたシール剥がし剤が適しています。有機溶剤は、頑固に貼る付いたシールも剥がし、シールあとのベタベタも取り除いてくれる、とても強力なシール剥がしとして人気があります。

逆に、プラスチックのような変形する素材には、有機溶剤は使えません。なぜなら、素材を溶かしてしまう恐れがあるためです。そのため、金属やガラスなどの硬い素材には、最もその効果を発揮するシール剥がしと言うことができます。

シール剥がしにはどんなタイプがある?

シール剥がしとはいってもさまざまなタイプがあります。シールの大きさや使う用途によって使い分けることができます。

  • スプレータイプ
  • 大きいシールやシールを剥いだあとのベタベタを取るのに適しています。スプレータイプは、ひと噴きで広範囲にシール剥がし剤を散布することができます。デメリットとして、液だれしてしまうという点が挙げられますが、独自に液だれ防止加工されているものもあります。液だれさせたくなければ、泡タイプのスプレーを使うとよいです。

  • ペンタイプ・ハケタイプ
  • 小さなシールや狭くて塗りにくい場所のシールを取るのに適しています。特に有機溶剤系のシール剥がしの場合、本来噴きかける箇所以外に飛び散ってしまうと、ほかの素材の箇所まで飛び散ってしまい、素材を傷めてしまう恐れがあります。ペンタイプやハケタイプで、ピンポイントに使うことをおすすめします。

  • 液体タイプ
  • 液体タイプのシール剥がしは、広範囲から狭い範囲まで幅広く対応できて使い勝手がよいです。広範囲の場合は液体をシールに付けてから布で拭き取り、狭い範囲の場合は、布に液体を付けてからシールをはがせばよいです。価格も安いというメリットがあります。デメリットは、液だれの恐れがある点です。

おすすめ品6選

おすすめのガラス用のシール剥がし剤を紹介していきます。

AZ 超強力ラベルはがし 雷神

雷神

シール剥がしに有効な成分である有機溶剤(キシレン、エチルベンゼンなど)を含んだシール剥がし剤です。紙製のシールやラベルの上からスプレーすることで、液を浸透させて、シールやラベルをはがれやすくしてくれます。シールはがしのタイプはスプレータイプになります。

口コミでも強力にすいすいシールがはがれると評判で、ほとんどが高評価になっています。はがれにくい強粘着性ラベルにも対応している超強力タイプです。有機溶剤なので、手荒れなどが心配ですが、スプレー式なので手を汚すことがほぼありません。

有機溶剤なので、かなりにおいがきついので、しっかり換気して使ってください。

こんな人におすすめ

  • 頑固で強力なシールをはがしたい
  • 広範囲のシールをはがしたい

COMPACT 超強力 シール剥がし

COMPACT

オレンジなどの柑橘類にはD-リモネンというシールの接着剤を溶かす成分が含まれているので、シール剥がしに使えるんです。オレンジの皮には、1kgからわずか3グラムしかとれない希少な成分なんです。このD-リモネンを、98%の純度まで高めた強力なシール剥がし剤が『COMPACT 超強力 シール剥がし』です。

有機溶剤ではありませんが、ガラスに貼られている強粘着シールも簡単に剥がすことができます。シールの材質によっては、シールが溶けてしまう場合もあり、シールを溶かして剥がすこともあります。シールはがしのタイプは液体タイプになります。

純度98%で残りの2%はオレンジの皮などで、実質、天然成分100%なので、素手で使用しても問題ありません。ただし、柑橘系のアレルギーのある人は使ってはいけません。シール剥がし剤は、薬品のようなにおいが気になることがありますが、『COMPACT 超強力 シール剥がし』オレンジの香りなので気になりません。

白い服に付くと黄ばむことがあるので、すぐに洗う必要があります。市販のスプレーに原液のまま入れるときは、使用分だけを入れて使います。

こんな人におすすめ

  • 天然成分で安全に使いたい
  • いろいろな範囲に使いたい
  • 臭いシールはがし剤は嫌だ

ニチバン テープはがし強力タイプ

ニチバン

石油系炭化水素(有機溶剤)・リモネン・酢酸エステルを成分としたシールはがし剤です。主成分である有機溶剤のほかにも、柑橘類に含まれるシールはがしの成分であるリモネンも含んでいます。タイプは、ムース状のスプレータイプで、泡が出るので液だれしにくいのが特徴です。

こんな人におすすめ

  • 頑固で強力なシールをはがしたい
  • 液だれしないものがよい
  • 広範囲に使いたい

シールはがし 強力タイプ 3M クリーナー30

3M クリーナー30

こちらも、主成分に有機溶剤ではなく、柑橘系に含まれるリモネンを使用し、有機溶剤でありがちな臭いを抑えた柑橘系の香りがするシールはがし剤です。しかし、柑橘系のにおいも結構きついと評判で、換気をしないと気分が悪くなるかもしれません。

こんな人におすすめ

  • 頑固で強力なシールをはがしたい
  • 広範囲に使いたい
  • 臭いシールはがし剤は嫌だ

AZ 超強力ラベルはがし雷神 ハケ缶

雷神 ハケ

最初に紹介した雷神のハケタイプです。ハケで塗るので、ピンポイントで狭い場所でも使えます。また、ハケで必要な箇所だけ塗っていくので、必要な分だけ使用することができ経済的です。成分は、有機溶剤(キシレン、エチルベンゼンなど)を含んだシール剥がし剤になります。

こんな人におすすめ

  • 頑固で強力なシールをはがしたい
  • 狭い範囲に使いたい
  • 経済的に使いたい

使用上の注意点

シールはがし剤には、可燃性の気体や液体が入っているので、炎や火気の近くでの使用はしてはいけません。また、有機溶剤や高濃度のリモネンは、臭いがきついので、換気を十分にしてください。特に有機溶剤は、中毒性もあるので、しっかり換気を行って、空気がこもらないように注意しましょう。

有機溶剤は、吸い込んだり、皮膚や目などに触れるのは好ましくありません。手袋は必ず着用し、眼鏡やマスクもして使用することをおすすめします。保管ついても、直射日光の当たる場所や幼児の手の届く場所には保管しないようにしてください。

シールはがしの使い方

使い方は、シール剥がし剤をシールに十分スプレーまたは塗ったあとに、シールにしっかり液を浸透させるために、必ず3分以上時間を置きます。なかなか剥がれないときは、シールにカッターで切れ目を入れることで、浸透させやすくなります。カッターを使うときはガラスを傷つけないように注意してください。

それでも、はがれにくいときは、ヘラなどでやわらかくなったシールをとりながら、繰り返しクリーナーをかけます。シールが剥がれたら、仕上げにきれいな布で拭き取って、水洗いまたは水ぶきしてから、乾燥させます。

まとめ

ガラスのシールを剥がすのにおすすめなのは、有機溶剤系のシール剥がし剤と前述しましたが、これに加えて、柑橘系のリモネンを主成分にしたシール剥がし剤も有効です。シール剥がし剤の欠点として、においがきついという特徴がありますが、柑橘系のリモネンだと緩和されます。

ガラスは、素材が硬く、変形しないので、強力な有機溶剤や高濃度のリモネンを使うことができ、頑固なシールでもシール剥がし剤を使えば、比較的簡単に剥がすことができます。紹介したシール剥がし剤は、人気の高いシール剥がし剤を厳選しており、それぞれタイプが違うので、使用する用途に合わせて選択してみてください。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。