クラフトボス ラテを評価!口コミや感想を紹介-カロリーや糖質など

クラフトボスラテは、以前、2017年6月13日に発売し、6月16日には出荷を一時停止したほどの人気ぶりで約4カ月ぶりに販売再開しました。販売を再開しても、その人気ぶりは変わらず、かなり売れています。

大人気のクラフトボス ラテをひも解いて、レビューしていきます!

クラフトボスラテ

現代のオフィスワーカーの新しい働き方にあわせた味わいを追求しました。時間をかけて少しずつ飲むことを想定し、満足感がありながらも、すっきり飲み続けられる味わいを実現するために、200を超える工程を経て、手間を惜しまず仕上げたコーヒーに、厳選した国産牛乳と北海道産の生クリームを合わせ、甘すぎずすっきり飲みやすい「やさしいコク」を実現しました。

(公式サイトより引用)

クラフトボスラテ説明

クラフトボス ラテが人気である理由は、こだわりにこだわって200を超える工程を経て手間隙をかけて、本格的なコクのあるコーヒーに作りこんだところにおいしさの秘密があります。このおいしさを実現した影には、商品開発の努力の結晶を感じさせます。

<目次>

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

みんなの声(口コミ・評判)

クラフトボス ラテの味や特徴の口コミを種類別に分類して集めてみました。

美味しい(うまい)

やさしいコーヒーの苦味がする
まろやかなミルクのコクがある
クリーミーで優しい味わい
少し苦みがあり、すっきりとしている
ミルク感も強すぎず、ちょうどよい
甘さ控えめでさっぱりした喉越し
まろやかでいやな後味が残らない
500mlと量が多い割に飽きがこない
コーヒーの香ばしさがある
ほろ苦さがあり薄味でおいしい
牛乳がたくさん入っていてうまい
コーヒー牛乳のようでコーヒー感が弱い
甘さと苦味のバランスがよい
甘さとミルク感のバランスがよい
クセがない
あっさりしている
後味の苦味や雑味がない
後味がさっぱり
酸味がなくおいしい

まずい

カフェラテを薄めた味で好きではない
もっと濃くて甘ければまた買いたいと思う
もっとコーヒー感が強いほうがよい
薄いすぎて正直美味しくない
薄いというよりコクがない
味が中途半端でおいしくない

薄い

けっこう薄めでミルクたっぷり
コーヒー牛乳よりも薄い
薄くて水っぽい
すっきりとは違う薄さを感じた
コーヒーの味もミルクの味も薄すぎる
缶コーヒーを水で薄めたみたい

甘さについて

甘みが少なくすっきりとした味わい
甘すぎないのでとても飲みやすい
甘すぎないから後味は悪くない
甘さ控えめでごくごく飲める
シンプルなやさしい味で甘さ控えめ

酸味や苦味がほぼなく甘みたっぷり

その他

コーヒーのほろ苦い香ばしい香りがする
ボトルの形が珍しくて見ためもかわいい
500mlなので味よりも量が多いと感じる

ツイッター上の口コミ・評判

美味しいという声

まずいという声

薄いという声

その他

実際に飲んでみた感想(レビュー)

砂糖は入っていますが、甘すぎず、すっきりした味わいになっています。コクがあり、深みのある味は、豆を焙煎した本格的な味がするためでしょう。コーヒーとしては、味が薄いという声をよく聞きます。実際に飲んでみても、後味がすっきりしているぶん、薄く感じてしまいます。コーヒーとしては薄く感じますが、コーヒーの深みがある本格的な味で、コクがあるところが人気なんでしょうね^^

評価

★★★★☆ 星4つ

かなりおいしい^^

大人気のコーヒーですが、私の好みでは満点の★5つほどではなかったです。ただ、すっきりとしているのにコクのある本格的な味なので、人気があるのも納得のコーヒーです。コーヒーは薄めでも、深いコクがやみつきになり、おいしいと思いました。甘さもしっかり感じますが、後味すっきりなので甘ったるさもなく、ほどよい甘みでした。

あくまでも個人の感想・評価です。

クラフトボスラテの箱買いをしたい人はネット通販がおすすめです^^

クラフトボス ラテの成分表示

内容量は500mlで、カロリーは100mlあたり30キロカロリーで、1本あたり150キロカロリーです。
(280mlの自動販売機バージョンもあります)

成分表示(100mlあたり)

たんぱく質 0g ~ 1.5g
脂質 0g ~ 1.5g
炭水化物 5.1g
食塩相当量 0.13g
カフェイン 約30mg
カリウム 約80mg
リン 約20mg

カフェインは、約30mg含まれており、通常のコーヒーが100mlあたり約60mg含まれているので、通常のコーヒーの約半分程度のカフェイン含有量になります。

原材料は、牛乳、砂糖、コーヒー、乳製品、デキストリン、香料、乳化剤、カゼインNaです。

クラフトボスラテ原材料

クラフトボスの甘みづけには、砂糖が使われていて、糖質がしっかり含まれています。砂糖の量は公開されていませんが、糖質は炭水化物なので、炭水化物の量が目安になります。飲料の場合、炭水化物は糖質と食物繊維から構成されています。食物繊維はごく微量であるため、炭水化物の大部分は糖質になります。なので、おおよそ糖質の量は約4グラム余り含まれています。厳密に言うと、砂糖の量と糖質の量は同等ではありませんが、飲料の場合は目安として捉えても差し支えないでしょう。

温めてホットにしてみた

クラフトボス ラテのホットボトルも冬場になると売っていますが、今回は、普通のクラフトボス ラテをカップにうつして、電子レンジで温めて、ホットにして飲んでみました。

クラフトボスラテホット

実際に飲んでみた感想

ホットにすると、コーヒーはより味が濃厚になりますが、もともと薄めですっきりとしているので、ホットにしてもあっさりめのカフェオレといった感じでした。甘さも控えめで、そこまで甘みを強くは感じませんでした。カフェオレは、ホットにすると結構甘みを感じますが、クラフトボス ラテはすっきりした甘みです。ホットのペットボトルが販売されているように、ホットにしてもおいしくいただくことができます。

<CHECK!>

サントリーのクラフトボスブラウン(かろやかな甘さ)をレビューしていきます。 初代クラフトボス ブラウンのラベルには、クラフトボ...
 

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。