マイ ドキュメントがWindows XP起動時に自動表示されるときの対処例

Windows XPでOS起動時に、マイドキュメントが自動で起動(表示)されてしまう現象が発生しました。

マイドキュメントがOS起動時に自動表示されても、重大なエラーではありませんが、毎回、マイドキュメントが勝手に開き、ウインドウを閉じるのも面倒です。

マイドキュメントの自動起動(表示)を停止した方法は、以下のとおりです。
(レジストリの変更は、あくまでも自己責任で行ってください。)

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

設定変更手順

[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を起動します。

マイドキュメント自動起動停止1

「regedit」と入力して[OK]をクリックします。

マイドキュメント自動起動停止2

レジストリエディタが起動するので、HKEY_ LOCAL_ MACHINE > SOFTWARE > Microsoft > Windows NT > CurrentVersion > Winlogonに移動します。

マイドキュメント自動起動停止3

[Winlogon]の[Userinit]の値を「C:\WINDOWS\system32\userinit.exe,」に変更します。(変更したら[OK]ボタンをクリックします。)

マイドキュメント自動起動停止4

設定を変更したら、レジストリエディタを閉じます。

これで、マイドキュメントが自動で起動(表示)される問題が解決しました。

[Winlogon]の[Userinit]の値が、すでに「C:\WINDOWS\system32\userinit.exe,」であった場合は、他に原因があります。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。