ポカリスエットを温める・薄める・牛乳を混ぜて飲んでみた!

ポカリスエットはそのまま飲んでも、もちろんおしいですが、いろいろな飲み方をしてみたらどうなるのか、気になったので試してみることにしました。今回、ポカリスエットを次のような飲み方で飲んでみました。

  • 薄める
  • 温める(ホットにする)
  • 牛乳を混ぜる

ポカリスエット

ポカリスエットをいろいろな飲み方をしてみた感想と特徴をまとめてみました。果たしていろいろな飲み方をしておいしく飲めたのか?詳しくレポートしていきます。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

ポカリスエットを薄める

まず最初は、ポカリスエットを薄めて飲んでみました。だいたい目分量でポカリスエットと水が1対1くらいになるように水で薄めました。

ポカリスエット 薄める

もともとポカリスエットは味が濃いめなので、むしろ薄めるとちょうどよいくらいの濃さになり、逆に飲みやすくなりました。例えるなら、アクエリアスの味に近くなったとも言えます。なので、薄めても普通においしいスポーツ飲料のままで、味が薄くなって味気ないということはありませんでした。

ポカリスエットの味が濃すぎると感じる人は薄めて飲むのも全然ありですし、ポカリスエットには少なからず糖分や塩分が含まれているので、体のことを考えたとき、水で希釈して下げることによって、糖分や塩分の摂取量を減らすこともできますね。

ポカリスエットを温める(ホット)

次に、ポカリスエットを温めてホットにして飲んでみました。

ポカリスエット 温める

実際に飲んでみると、普通に飲めます。まずいということは全くなく、すっぱさの酸味が強めに感じられるので、少し味が濃くなったような味わいです。ポカリスエットに含まれる塩分が温めることで常温よりは感じらるようになります。

ポカリスエットを温めても普通においしく飲めるので、冬場の水分補給にはホットのポカリスエットを飲むというのも全然ありですね。冬場になると売られているホットレモンに似た味で、ホットレモンより少し酸味を抜いたような味なのでおいしく飲めます。

スポンサーリンク

ポカリスエットに牛乳を混ぜる

最後にポカリスエットに牛乳を混ぜて飲んでみました。こちらも目分量でポカリスエットと水が1対1くらいになりように混ぜました。

ポカリスエット 牛乳

どんな味になるのか想像がつきますが、実際に飲んでみると、牛乳の味が強すぎてポカリスエットの味がかき消されました。混ぜる比率も重要かもしれません。最初に牛乳の味がきて、後味でポカリスエットの甘味がきます。

おいしいかというとちょっと微妙ですね。飲めなくはないですが、牛乳とポカリスエットが互いに味を打ち消し合っていて、サラッとした味でまずいとまではいきませんでしたが、おいしいとも言えないです。あくまでも個人の感想ですが、リピートしたい味ではないですね。

ポカリスエットをあとからつぎ足して増やしてみたら、おいしくなりましたが、ポカリスエットの味が強すぎてほぼポカリスエットで混ぜる意味がないです。あと、しばらくすると、牛乳が固まって固形物になってきます。あくまで個人の感想ですが、ポカリスエットに牛乳は「なし」です。

まとめ

ポカリスエットを薄める・温める・牛乳と混ぜるといろいろな飲み方を試してみました。薄めたり温めたりしても、味としては十分においしく、飲み物として「あり」でした。一方で、牛乳と混ぜるとお互いの味が相殺してしまい、おいしいとは言えず「なし」でした。

以上のことから、冬場には温めてホットにして飲むのはありで、また、薄めてアクエリアス風にして、塩分や糖分を抑えて飲むのもありです。もちろん、そのまま飲んでもおいしいですが、飲むシーンに合わせて飲み方を変えるのも1つの楽しみ方です。

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。