アサヒ(カルピス)の「ほっとしょうが」ってどうなの?感想&レビュー

アサヒ飲料(カルピス)の「ほっとしょうが」を買ってみました。
寒い季節には、生姜があたたまるので、試すことにしました。

ほっとしょうが

高知産しょうが汁にはちみつを加えた、心も体もほっと温まる味わいが楽しめる液体希釈タイプのホット飲料です。お好きな濃さに調整でき、お湯割りはもちろん、気分に合わせて水や炭酸水で割っても楽しめます。

と公式サイトには書いてありました。
(高知県は、生姜の生産量が全国一位なんです)

薄めて飲むと、約15杯分のほっとしょうがを楽しめるので、お得感があります。
おすすめの割り方は、ほっとしょうが1に対してお湯は4で割るといいそうです。

カロリーは、希釈時100mlあたり50kcalです。

原液は、写真のように淡い黄色の液体です。

ほっとしょうが原液

スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)

実際にお湯で割ってみました^^

作った手順は、水で希釈してから電子レンジであたためて、ホットにしました。
できあがると、湯気からしょうがの香りが漂ってきました^^

ほっとしょうがお湯割り

飲んでみると・・・

しょうがの味より、はちみつや砂糖の甘みが先にきます。
かなり甘みのほうが強く、しょうがの味が弱くわかりにくいです。
甘いほうが、好きな人には合う、しょうが飲料だと思います。

みんなの声(口コミ・評判)

評価

★★★ 星3つ

普通においしい^^

生姜より甘みの強いジュース感の強い、ホットのしょうが湯でした。
個人的には、もっと生姜が効いていて、刺激の強いほうが好きです。
生姜の刺激のある味があまりないので、少し物足りなかったです。
生姜がしっかり効いていて、うちから体があたたまってほしいです。

あくまでも個人の感想・評価です。

次に冷たい炭酸水(ソーダ)で割ってみました^^

ラベルにも書いてあった、炭酸水割りにも挑戦してみました。
目分量で原液を1に対して、炭酸水を4を適当に混ぜました。

ほっとしょうが炭酸割り

実際に飲んでみると・・・

ほっとしょうがの甘みと炭酸水の喉ごしがかなり合っています。
甘酒を炭酸にした感じに似ていて、フルーティーさもあります。
生姜(ジンジャー)の微かな風味が、逆に炭酸にマッチしています。
ジンジャーエールほどきつくないやわらかな風味を与えています。

評価

★★★★ 星4つ

かなりおいしい^^

炭酸が加わると、かなりフルーティーになって、おいしさがアップしました。
ジンジャーエールほど、生姜は強くないですが、炭酸割りはおすすめできます。

あくまでも個人の感想・評価です。
スポンサーリンク
アドセンス広告(PC)
アドセンス広告(PC)

フォローする

テキストのコピーはできません。